不便っておもしろい! よねざわで遊ぼう! 学ぼう! 元気になろう!

活動記録

2020年度、米沢市の事業強化挑戦セミナー&ワークショップから、新たな”挑戦と創造”を生み出そうと集まった異業種のメンバーで生まれたチームです。 雪解けとともに、賛同する方々や協力団体の応援を元にスタートしました。
2022年は、昨年度の活動に加え米沢市の協働提案制度を活用し、『草木塔モニターツアーの検証』を参加者の皆様のご協力をいただきながら実施活動を行いました。

2023年 4月~第2回 遠藤きよ子 原方刺し子 自由作品コース 開催決定!

*詳細は随時お知らせします。

2022年 主な活動記録

4月~11月
遠藤きよ子 原方刺し子 自由作品コース 8回開催
6月28日
田沢 檜原沢ブナの森探索ツアー※大雨のため中止
7月15日
第1回 草木塔モニターツアー※大雨決行!
7月10日
がつぎ刈り取り作業※晴天の早朝
8月6日-7日
がつぎ編み講座
8月23日
夏休み親子工作講座
9月23日
白布温泉「森のお地蔵さんを訪ねるツアー」開催
10月1日-2日
「草木塔を訪ねる」& 大平温泉応援1泊ツアー開催
11月12-13日
「フレッシュクリスマスリース講座
11月26-27日
遠藤きよ子 原方刺し子 自由作品コース 生徒作品展
12月3日
自分で作るお正月しめ飾り講座
【ざいご太郎塾とは?】


終了しました
 名人の指導のもと、自分で縄ない飾りをつけて完成させます。自分で作ったしめ飾りで新しい年を迎えましょう!



終了しました
 今年のXmasリース作りは、とても豪華な材料を準備させて頂きました!
 天然のあけびの蔓をふんだんに使った大きなリース枠、そしてパーツの松ぼっくりやどんぐりもいろんな種類や大きさを集めました。もちろん、虫が出ないように、熱湯処理済です。かわいい色の木の実や草もアクセントに使い、参加者の皆さんはそれぞれ個性あふれる作品を楽しく作って頂きました。
ご参加ありがとうございました!



終了しました
 草木塔とは、草や木にもそれぞれ霊魂がやどり、その草木から得られる恩恵に感謝し、伐り倒した草木の魂を供養するために建立されたと伝えられる全国でもめずらしい石碑です。
 その草木塔の中で最も古いものが、米沢市大字入田沢字塩地平(しおじだいら)に建つ石碑で、安永九年(1780年)上杉鷹山の時代に建てられたものです。ここ山形県米沢市田沢地区には、全国でも珍しい沢山の草木塔が点在しています。
 林業を生業としていた遠い昔、人々はどんな暮らしをして、どんな思いで石碑を建てたのか…現在も、森の中にひっそりと佇む草木塔を訪ね、その精神に触れてみませんか?
 今回は、大雨で被害にあった大平温泉 滝見屋旅館さんの応援も兼ねた秘湯温泉1泊付きのお得なモニターツアーです。



終了しました
 白布高湯は、開湯から七〇〇年以上の古い歴史を持つ温泉街です。その界隈には、森を満喫できる遊歩道や歴史を物語る石像が数多く点在しています。
 江戸時代に建立された石造野立の三十三観音様、人々の健康を願う薬師如来尊堂、石塔群地を訪ねながらゆっくり、まったり森を歩いてみませんか?
 秋の草花やブナなど木々をガイドさん付きで観察、先人の思いに触れることで身も心もリフレッシュ!免疫力アップ! ご利益まちがいなしです。



終了しました
 今年のお盆は手作りの墓座を編んで、ご先祖様にお供えを。
【がつぎとは?】 「がつぎ」は米沢の方言で、和名はマコモ(真菰)という名のイネ科マコモ族に属する植物です。川や沼などの水辺に生え、成長すると背丈は1メートルを超えて大きくなります。
米沢地方では、お盆に手作りの墓座(はかざ)に載せて先祖へのお供えをする習慣があります。



終了しました
 昨年、好評だった親子森の工作教室が場所を変えて今年も開催します。木の枝や木片、木の実などの材料をたくさん使って親子で夏休みの工作を楽しんでみませんか?



終了しました
 原方刺し子とは、関が原合戦敗戦後、120万国から米沢30万石に減移封された上杉家とともに移り住んだ武士「原方衆」たちが半農半士を余儀なくされ、その妻たちが、着るものもままならない貧しさの中で、布に糸を刺すことでつなぎ合わせたり重ね合わせて、丈夫に長持ちするようにと刺し子を施したことが始まりです。

2021年 活動記録

4月 かてものと山菜採りツアー
5月 秘湯温泉ツアー 早春の野草観察と滝の見学
7月~8月 がつぎ刈取作業
      夏休み 草木塔ツアーと森の工作教室 開催
      がつぎ編み講座
原方刺し子教室開催
柿もぎ体験 芋煮会
11月 クリスマスリース作り
    注連縄作り 講座